ホームインスペクションで中古住宅市場の活性化を

ホームインスペクションの目的

ホームインスペクションの目的 住宅診断・建物検査と呼ばれることのあるホームインスペクションですが、その目的は建築士などが住宅の劣化状況についての調査を行うことを指します。
その調査で欠陥や補修するべきことを見つけることが出来ます。
欧米では一般的なホームインスペクションですが、日本では近年やっと認知されつつある状況です。
住宅の劣化状況や欠陥を判断するのは知識や経験のない素人では難しいため、プロの目からマイホームを確認してほしいという希望が増えてきています。
また、国でも中古住宅の流通促進対策の一つとして、ホームインスペクションを挙げています。
マイホームは安い買い物ではありませんので、失敗したからと言ってすぐに買い換えるという事が出来るものではありません。
ホームインスペクションをすることによって、マイホームの状況を客観的に確認することが出来ますし、マイホームを購入するかどうかの判断材料にすることも出来ます。
なお、調査方法は業者や目的によってことなるため、事前に確認をしましょう。

ホームインスペクションの目的とは何なのか?

ホームインスペクションの目的とは何なのか? ホームインスペクションという言葉はなかなか日本で聞くことは少ないですが非常に重要な事柄で、家の売買などを行う際に役に立ちます。
例えば家を買おうとする際に、どうせ買うならしっかりとした物件を購入したいですよね。
購入した家に欠陥があったり、修繕箇所などがたくさんあったりすると憤りを感じます。
このような失敗をしないためにもホームインスペクションは重要で、買主を保護してくれる役割もあります。
そもそもホームインスペクションとはどのようなことを目的としているのでしょうか。
ホームインスペクションは第三者機関によって家の状態などを判断するもので、外装はもちろん、内装や床下などの状況など隅々まで調査し、書面という形でどのような状態であったのかを記録します。
このような記録があれば家を買うときにも安全なものであるかを確認できたり、「少しは修繕が必要だがこの程度なら購入しても大丈夫」と判断材料にすることができるので、非常に重要です。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>