ホームインスペクションで中古住宅市場の活性化を

ホームインスペクションは中古住宅を調べるために行うもので劣化を把握できます。
中古住宅市場を活性化させるために行うのが特徴、一次診断や二次診断が用意されている検査です。
費用はサービスにより変化するのが特徴ですが5万円くらいで請け負ってくれます。
不動産を利用するとき会社が負担をしてくれる場合もあるのですが、その際はちょっと注意点があるので理解しておくといいです。
これは不動産よりの内容になるので個人的に頼むのが安全と言えるでしょう。

ホームインスペクションの費用はどのくらい?

ホームインスペクションの費用はどのくらい? ホームインスペクションは住宅診断を行い戸建てのコンディションを把握するために行います。
中古住宅においては劣化具合を調べるために行うもので中古市場では龍柱市場の活性化のために義務化されているのが特徴です。
具体的な調査内容ですが短時間で行う一次診断と呼ばれるものがあります。
外壁の不具合や基礎の不具合を確認するもので兆候が見られないかチェック、雨漏りの心配がないかも調べます。
ホームインスペクションではわからないもので懸念があるなら二次診断を行う必要があるので理解しておきましょう。
実際にどれくらいの費用がかかるのかというと、ホームインスペクションの会社により変化します。
一次診断なら相場は5万円くらいで対応してくれるのが特徴です。
注意点として不動産会社が負担してくれる場合がありますが、不動産寄りの内容になるので自分で依頼をすると安全といえます。

ホームインスペクションの費用の負担とかかる時間は

ホームインスペクションの費用の負担とかかる時間は ホームインスペクションにかかる費用の負担は住宅の大きさや調査範囲により異なりますが建物面積が100m2程なら2時間~3時間程で終了して、費用は基本的な調査の場合は5万円から7万円くらいです。
業者によりかなり値段に差があるので事前に相場は押さえておくのがポイントです。
ちなみに基本的な調査範囲というのは床下、屋根裏などを点検口からチェックするといった方法での作業で床下、屋根裏には診断者は立ち入りません。
床下、屋根裏に進入してきちんと確認して欲しい場合は料金が嵩み9万円から14万円が相場となります。
さらに費用については地域差もあるので関東、関西、東海以外の地域なら先ほどの相場より少し安くなります。
ただホームインスペクションを値段だけで業者を選ぶのはリスクが高いと言えます。
業者の中には経験が少ない人件費の安い人材で調査をしたり、報告書を簡素化する様なところもあるので口コミ等を参考にして選ぶようにして下さい。
最も料金が高い業者なら安心かと言えばそうでもありません。
ただあまりホームインスペクションのコストは人件費と直結しやすいのであまり安価なところは避けた方が無難と言えます。
ホームページ等もきちんと確認した上で調査を依頼するようにしましょう。

ホームインスペクション関連リンク

ホームインスペクション 費用

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>